Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「パラノーマル・アクティビティ」



たとえばゲームをプレイしていて、高いところを登る場面があるとする。たかがゲームだ。しかし恐い。落下すれば「死ぬ」としても、ゲームの中でのことだ。そうわかっていても震えが来るのは、高い場所にプリミティブな恐怖が刺激されるからだろう。フィクションだとわかっていても、われわれが人間である限り、恐いものは恐いのだ。

さて、「パラノーマル・アクティビティ」という作品。2007年のアメリカ映画。ホラー映画である。ドキュメンタリー風に架空の映像を作るのはモキュメンタリーというそうで、この映画はそのモキュメンタリーの手法で作られている。主人公がカメラを持って行動することが多く、そのカメラから映している映像(演出)が多いから、カメラの手ブレが結構ある。意図的に手ブレを入れているわけだ。酔いやすい人は酔う。車やバスで酔うような人は見ない方がいいかもしれない。
この「パラノーマル・アクティビティ」は、ポルターガイスト現象のシークエンスの連続で成り立つ映画である。まともなストーリーは無く、ポルターガイスト現象が続くだけ。つまり、「恐くないけど、話は面白い」ということはあり得ない。ストーリーは淡泊なので、ポルターガイスト現象を恐がれるかどうかだ。ポルターガイスト現象とはwikipediaの説明を借用すれば、「誰一人として手を触れていないのに、物体の移動、物をたたく音の発生、発光、発火などが繰り返し起こるとされる、通常では説明のつかない現象」のことである。私はこれが全然恐くない。恐怖イメージが持てないのである。心霊写真が恐くない人に心霊写真を怒濤のように見せても恐がらせることは出来ない。人間にはある程度共通した恐怖対象というものがあるが、多少の個人差はある。私の場合、ポルターガイスト現象がピンと来ない。だから、そういう現象のシークエンスを次々と見せられてもまったく恐くないし、楽しめなかった。恐くなくてもストーリーが楽しめる作品ならいいのだが、これは純然たるホラーなので厳しい。評価が賛否分かれるのも、「ポルターガイスト現象の恐さ」が作品のすべてだからだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング