Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

個人の知見より、大衆の集合知が選択されたのが最近5年くらいの流れ

個人の知見。こういうワードを使えば失笑が漏れそうな昨今である。ひとりのブロガーが特別な見識を持っているという幻想からブログの歴史はスタートした。アルファブロガーと呼ばれる者達がブロゴスフィアでスター扱いされた時代もあった。しかし、そういう評論の至福の時期はせいぜい二年あったかどうか、という短さだった。2011年現在、そういう迷妄は誰も信じなくなっている。論客という意味でのアルファブロガーは表舞台から姿を消した。一個人の見解など誰も聞きたがらない。聞きたいのは「みんなの意見」だ。大衆による集合知である。俺はこの言葉をわりとニュートラルに使っているつもりである。大衆の集合知は悪くない。趣味の分野で素人が知恵を出しあって、それなりの見解に到達する。それは素晴らしいことであり、決してなじるようなものではない。一人の個人が特別な知見を持つという幻想を崩壊させたという点で、2ちゃんねるまとめブログの功績は大きい、という言い方をしてもよい。とはいえ、俺はかつて自己表現としてホームページを始め、論客ぶったスタイルが批判されつつも、(個人サイトの狭い世界で)一定の評価を得た。そういう(間違った)経験を持つだけに、一個人の綴る筆致の強度というのを否定したくはない。インターネットの世間の傾向として、大衆の集合知を求める方向に向かっているのは明らかなのだが、あえて両方とも試す実験体のようなブログを目指しているわけである。もちろんこのブログの主軸は「2ちゃんねるまとめブログ」である。評論めいたものは、時たま書かれる程度になる。詰まれていることを確認するために棋譜とにらめっこするような、あまりにも愚昧で頑迷な試みだが、失敗の実演をする馬鹿野郎が一人くらいいてもいいだろう。たとえば、まとめた内容に管理者の見解を加えないのが、まとめブログの基本的なスタイルだが、俺はまとめよりも長文になるくらいの見解を加えていくつもりである。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング