Headline


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

友達と階級社会

「まとめいとさんとお友達になりたい」というエントリーを書きかけて、ふと筆が止まりました。21世紀は、人類史上かつてないほどの階級社会です。20世紀半ばには、人類が歴史を刻む事に平等性が確保され人と人の輪が繋がりハーモニーが奏でられるというのが信じられていましたが、それはあくまで「思想的な信念」でしかなかった。平等とは信念により担保されるものであり、自然な実態としてはあり得ないものなのです。
かつては個人に階級はありませんでした。貴族が貴族なのは「家」が貴族だからです。貴族の家の人間を貴族と称するのであり、貴族という個人はいませんでした。
21世紀に足を踏み入れたわれわれは、家制度を叩き潰しました。王様も貴族もいない自由平等な世界に思えます。しかし、そこには新たな個人のヒエラルキーがあるだけです。家という体系により位階秩序を形成することはなくなったが、ひとりひとり解き放たれた個人は、自分と他人を比べつつ、階層を見いだします。21世紀を生きるわれわれには、見えないスカウターが眼窩に嵌め込まれており、その測定値の絶対的な秩序に従いお互いの存在了解を行い、自覚するとしまいと、似つかわしいクラスタに分かれていくのです。
そして個人のフリーダムな世界は、われわれを呪縛します。かつて「家」があった頃は、家により見合い結婚をさせられていました。21世紀によって与えられた自由は、「個人」として、おまえと結婚してくれる異性がいるものなら結婚してもいいよ、ということです。20世紀思想が渇望したフリーダムとはそういうことだったのです。フリーダムな他者の目線から惨殺される位相空間に囚われ、足の先から指の先まで、新たなる階級社会に縛られているのです。
冒頭で私が提示した命題に戻りましょう。「まとめいとさんとお友達になりたい」。この私の願望は、21世紀のフリーダムな思想空間では剔抉され唾棄され嘲笑され、土にまみれた私は白眼を剥いて21世紀の重力を感じながら、虚空を見上げるしかないのです。10万アクセスあるブログと、零細ブログではクラスが違うという単純な問題です。しかし、フリーダムな空間のルールが酷であるなら、その酷なルールに従ってやればいい。5万メートル飛ばさないとホームランにならないというルールなら、フルスイングで5万メートル飛ばせばいいのです。私も一日10万アクセスを達成したら、まとめいとさんにお友達になってくれるように頼もうと思います。アノミー的に投げ捨てられたフリーダムな世界でサバイブするにはそれしかないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスランキング